Menu

コース一覧

  • 英語科
  • トラベル科
  • エアライン科
  • ホテル科

ご挨拶

私が東北外語生に望むこと

東北外語観光専門学校校長 橋本二郎

 皆さんが生きていく世の中は、ますます変化のスピードが速くなっていくことでしょう。そのような激しく変化していく社会の中で生活し、そして仕事をしていくためには、これまで以上に、自分自身をも変えていく、言い換えれば、新しい自分を創造していくことが求められます。そのためのサポートをすることが東北外語の使命であると考えています。

 自分を変えていくために第一に必要とされるもの、それは「向上心」です。高校での成績がよかったか、現在の英語力がどれくらいであるか、これらは、東北外語で学ぶために、それほど重要なことではありません。いくら英語ができても、向上心がなければ、その後の上達はあまり望めません。東北外語が入学してほしい学生は、そのような人ではなく、つねに自己ベストを追い求める人です。今はできなくても、「今よりもっとできるようになりたい」という気持ちを誰よりも強く持っている人、そのような人を東北外語は歓迎します。

 二つ目は、「継続する力」です。語学の場合は特にそうですが、どのような領域であっても、短期間で使えるレベルまで達することはできません。2,3カ月勉強しただけで自分には難しすぎる、自分には向いていない、などと簡単にあきらめてしまう人がいますが、勉強であっても仕事であっても、本当の面白さは、最低でも、1年、あるいはそれ以上やって初めてわかります。私は、皆さんにそのような学びの面白さ、喜び、感動を体験してほしいと思っています。そのためにも、東北外語での1年あるいは2年の学びを最後までやり続けることができるだけの「継続する力」を持った人に入学してほしいと考えます。

 東北外語は、これまでになく変化の激しい世の中を生きていくために必要な力を身につけるための場所です。「向上心」と「継続する力」によって、東北外語での学びが実り豊かなものとなり、また卒業後の皆さんの人生に限りなく大きな可能性が広がっていくことを信じています。

東北外語観光専門学校
校長 橋本二郎